読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しおんの独り言

東京の田舎の方に住んでる高校生。趣味や思ったあれこれについて書き留めていきます。

<連載第五回>V系バンドレビュー〜Janne Da Arc編〜

みなさんこんにちは、しおんです。ほんと最近更新が不定期ですいません。というのも自分がV系に対してにわかなものでなかなかネタが思いつかないんですよね(笑)

そんなんでこんな感じなんですがまあよろしくお願いします。

さて今回ご紹介するバンドはJanne Da Arcです。

f:id:mikuru0728:20161218231719j:plain

このバンドはV系を知らないという方でもご存知だと思います。実はアニメブラックジャックやワンピースの主題歌を歌ってるバンドがこのJanne Da Arcなんですね。

それではバンドの紹介に入りましょう。

 

Janne Da Arcは1999年にメジャーデビューしたバンドです。同じ中学にいたyasu、ka-yu、youの3人で結成された「結膜炎」というバンドが前身になっています。このバンドは元々Xのコピバンでメイクが濃いのが特徴でした。その後現在のメンバーで活動を始めるのですが、ギターのyouとキーボードのkiyoはメイクをするのに抵抗がありました。ですがメジャーデビューの頃には一番メイクにこだわるようになりました。やっぱV系好きなんすね^〜

そして1999年、「ヴィジュアル系バンドの最終兵器」というキャッチフレーズでメジャーデビューします。その後は快進撃を続けるも2007年に活動休止を宣言。その後はメンバーそれぞれがソロ活動を続けています。

それでは私のオススメする2曲を紹介したいと思います。

 

  • RED ZONE

記念すべきJanneのデビュー曲です。この曲を初めて聴いた時はすごくびっくりしました。Janneっていったらブラックジャックの大人しい曲でしょってイメージしかなかったのでその思い込みを思いっきりぶっ壊されました。メロディアスなギターから始まりそこにシンセが乗っかってくる。シンセですよシンセ。「プロデューサーさん!シンセですよシンセ!」

大事なことなので二回言いました。いやシンセでバンドなんてそれこそレベッカやらTM NETWORKみたいな80's臭バリバリのバンドしかないだろうなと思ってましたからね。でもJanneは違うんですよ。古くないんですよ。ある種洗練されたスタイリッシュな感じに仕上がっているんです。ここら辺は流石ヴィジュアル系の最終兵器なだけはありますね。youのギターを下地にkiyoのシンセがファンファン絡みつきそこにyasuのハイトーンボイスが突き抜けるように抜けていく。もう素晴らしい通り越して涙ですよこんなん。まあバンドメンバーの衣装がどれもダサいってのはありますけどそれを差し引いてもかっこいいです(笑)

話がそれてしまいましたね(笑)ギターソロは今まで曲の下地だったyouが一転攻勢、タッピングで一気に主役までのし上がります。とまあこの曲はじわじわ盛り上がってきてソロで一気に爆発させるV系の王道みたいな曲です。

いつものように動画を貼っておくので是非見てみてください。

youtu.be

 

  • ダイヤモンドヴァージン

日本人はよくシンセが好きって言われますけどこの曲はそんな日本人のためにあるような曲です。シンセマシマシギターカラメ!って気分になったら真っ先に私はこの曲をお勧めします(意味不明)

イントロのしっとりしたシンセパートからyasuのエッロい歌に入りアドレナリンはもう垂れ流し、そしてサビ前の『生きている 喜びと 痛みを 刻み込んでくれ』ってとこからじわじわと曲調がヒートアップしていってついにサビで悶絶!!もうたまりませんよほんと。歌詞はまあyasuがエロいってだけで心に響くとかそういうのはないんですけどメロディもたまらなくエロいのがJanneなんですよね。なんか言葉で説明しても伝わりにくいんでとにかく聴いてみてください。

youtu.be

 

いかがだったでしょうか。今回はJanne Da Arcを紹介させていただきました。正直自分ABC大っ嫌いなんではやくJanne再結成して欲しいですはい。

それでは、この辺で