読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しおんの独り言

東京の田舎の方に住んでる高校生。趣味や思ったあれこれについて書き留めていきます。

<連載第六回>V系バンドレビュー〜La'cryma Christi編〜

V系 趣味

みなさんこんにちは、しおんです。今回はヴィジュアル系四天王の一つ、La'cryma Christiを紹介していきたいと思います。黒系バンド=V系とイメージされがちですが彼ら白系のバンドの魅力について迫っていきたいと思います。

f:id:mikuru0728:20161226224956j:plain

 

  • La'cryma Christiについて

La'cryma Christiは1997年にメジャーデビューしたバンドです。当時V系ブーム絶頂期ということもあり売れに売れMALICE MIZER、FANATIC CRISIS、SHAZNAと共にヴィジュアル系四天王としても知られています。当時の音楽業界ではGLAYラルクのツートップ状態でこのような爽やか系のバンドが売れたのもうなずけます。四天王の中には当時史上最短で武道館ライブを実現したpierrotや正統派名古屋系のLaputa、ROUAGEが入っていないあたり、当時の流行を垣間見ることができます。ですが、このラクリマ、流行に便乗しただけではなく、実力もハンパないです。ただのナルシシスト臭ムンムンの中身のない今のV系とは違い、ボーカルTAKAの聴いてて気持ちの良い伸びのあるハイトーンボイス、TAKAのディストーションサウンドとKOJIの包み込むようなクリーンのギターそしてそれを支えるリズム隊。キリストの涙というバンド名の通りの世界観をこれだけの楽器で確立しているところがすごいです。

私の好みとしてはhideや黒夢といったハードなバンドが好きなのですがこのラクリマはハードさに疲れた時に聴きたくなるそんなバンドです。

では、そのキリストの涙のオススメの曲を2曲紹介したいと思います(笑)

 

  • With-you

イントロのTAKAの妖艶な語りパートから弾けるように曲が始まっていく・・・これです!これですよ!!!!そんでもって温かみのある歪んだギターが織りなすメロディラインが完成された芸術品のようで素晴らしい。ラクリマというバンドをまさに体現している曲だと言えるでしょう。サビの『もう君なしじゃ生きられない so気付いてた いつからだろう』ってとこを聴いていると大好きだったあの人を思い出す・・・そんな感じがします。川村まや、なつめ愛莉、みづなれい・・・うーん・・・

動画を貼っておくので是非、見てみてください。

youtu.be

それにしてもHIROのロン毛かっこいいですね。自分もあのくらい伸ばしてみたいですほんと(笑)

 

  • Poison Rain

この曲はいつものおっとりとしたラクリマとは一味も二味も違う曲になっています。どちらかというとハードロック寄りになっています。ハードロック寄りといっても根底の音の世界観はあくまでもラクリマであり、同じギターの歪みであってもLOUDNESSVersaillesのような攻撃的な歪みではなく包み込むような優しさがあるのが特長です。

ハードロック調なのでメインはディストーションを効かせたHIROのギターなのですが一番の聴きどころはKOJIの味わい深いクリーンのギターソロです。曲はいつもと違うのにこのKOJIのソロを聴くだけでラクリマを聴いてるなという気にさせられます。このギターソロがあるからLa'cryma Christiなのです

動画を貼っておくので見てみてください。

youtu.be

自分はずっとこの動画を見て思っていたのですが、TAKAってDAIGOにめちゃくちゃ似てません?(笑)

 

いかがだったでしょうか。今回は四天王の一つ、La'cryma Christiを紹介させてもらいました。これをきっかけに気になって聴き始めてくれたら幸いです。

それでは、この辺で。